心の葛藤、抵抗におすすめのセラピー RFT

ご提供している癒しのプログラム『OAD』ではいくつかのセラピーを取り入れてセッションを進めています。今回はその中で【RFT】という新しいセラピーをご紹介したいと思います。英語3文字が続いて少しわかりにくかもしれませんが、この先に説明がありますので御覧くださいね(^^)
 
 
RFTは『レジスタント・フリーダム・セラピー』の略で、簡単に言うと「心の抵抗を自由にするセラピー」です。EFT(☆)から発展して生まれました。
 
☆【EFT~エモーショナル・フリーダム・テクニック~とは】
 
指で体のツボをトントンと軽く刺激(タッピング)をしていきながら、ネガティブな感情を穏やかに解放していく、心と体に働きかけるセラピーです。『エネルギー心理学』や『鍼を使わない鍼治療』とも言われています。
 
EFTは大きなトラウマや日々のストレスまで、あらゆるテーマに対応します。しかも再体験することなく解放できるので、安心・安全、そして有効なセラピーということで、欧米では医療機関などでも取り入れられています。
 
 
【RFT~レジスタント・フリーダム・セラピー~とは】
 
RFTはタッピングと受容の言葉がけによって、心の抵抗や葛藤を和らげていくセラピーです。内面との対話の中で苦しみが持つメリットを見つめ、自我の構造を紐解いていくことで、自分自身や苦しみへの理解、ゆるしが自然と生まれ、穏やかかつパワフルな癒しが起こります。また、心の繊細さにも優しくアプローチすることができるので、セッションや癒しの取り組みに抵抗がある方にもおすすめです。
EFTの発展型であるので、RFTでも様々なテーマに取り組むことができます。
  
RFTの特徴として、2つの抵抗を見ていきます。
 
① メリットとしての抵抗
頭では「忘れたい、思い出したくない。」と思う嫌な記憶も、その出来事を覚えておくことで、二度と同じ目に合わなくて済む・危険を避けることができる。などのメリットとなる面もあります。ですので、苦しくても手放せない思いや忘れたくても忘れられない記憶には、無意識の中でそれを持ち続ける理由(メリット)があると言えるでしょう。
RFTではメリットを知り、手放せない理由を受容することで優しく心の自由への扉を開きます。「わかってもらえた。」という安心感を感じる方がほとんどです。

 
② ネガティブへの抵抗
思いは本来、「ただある」だけで、湧いてはきえてゆく自然と流れていくものです。しかし、ネガティブな思いほど「こんな風に思ってはいけない。」「こんな感情を持ってはいけない。」など、抑圧しがちではないでしょうか。
ただある思いをそのまま受け入れたり流したりできれば苦しみにはなりませんが、自分の中にある思いを否定すればするほど、それは自分(自我)を否定することにもなります。それはあるがままの否定であり、不自然な状態といえるでしょう。
この点もRFTでは受容の思いを向けることで、自分を責める思いや、エネルギーのこわばりを溶いていきます。

 
あらゆる思いを「そう思ってもいい。そう感じている、と感じててもいい。」と受容することで心の抵抗が和らぎ、エネルギーの流れがナチュラルなものへと戻っていきます。  

【EFTとRFTの共通点】
 
・あらゆるテーマに対応する
・あるがままの姿に対して受容的である
・本来の生命エネルギーの流れに戻る
・自己愛が高まる
・心身が軽くなる

 
EFT、RFTどちらのセラピーも、自分がふだん何を思い、感じているのかを理解することで、自分と親しくなる感じや深まったり、自身を大切にする自己愛が高まっていきます。また、今ある思いを否定したり変えたりするのではなく、そのまま認めていくことで無理のない自然な自分らしさが現れてきます。 

物理的な体への刺激と心の抑圧を解くことで、人が本来持つ生命エネルギーが戻ってくるのを感じるでしょう。  

【EFTとRFTの違い】
 
◯EFTは抑圧しがちな感情(や思い)を感じて解放する。
-外からアプローチ
 
◯RFTは「なぜ手放さずに持ち続けるのか」一見矛盾する思い(メリット)を理解し、そのまま受容することで自然とストレスや苦しみがゆるむ。解放を目的としていない。
-内からアプローチ
 
◯EFTでは手放しにくい思い、ワークそのものへの拒否感などにRFTをするのもよいでしょう。

 


 
◯EFT 詳細>>JMET 代表 溝口あゆかさん
 
◯RFT 詳細>>Resistant freedom therapy Japan 代表 佐藤純子さん
  
~お知らせ~
 
【EFT】はプラクティショナー養成講座、【RFT】は基礎コースで学ぶことができます。ご興味のある方はぜひ上記リンク先のWEBサイトをご覧ください。(※RFTは10月以降、専門プラクティショナーによる『自己の癒やしに向けた基礎コース』が開催されます。どうぞお楽しみに♪)

ABOUTこの記事をかいた人

心理体セラピスト 半澤 久恵・Kee   【セッションについて】   自分にゆっくり向き合ってみたい。もっと楽な生き方があるはず。と模索しておられる方。パニック障害、うつ病、摂食障害、という症状のある方~長年の生きづらさを感じている。トラウマによる影響をどうにかしたいとお悩みの方。へ。 潜在意識にあるパターンを解放する対話型のセッション(OAD:オープン・アウェアネス・ダイアローグ)や、身体感覚にアプローチをするトラウマ療法(SE:ソマティック・エクスペリエンシング®)などを用いたカウンセリングとセラピーを行っています。 対面の場合、必要に応じて身体の緊張を溶く、ボディワーク(プレゼンスタッチ)も行います。    ~個人セッション~  心の状態、身体の状態、ライフサイクルなどを包括的にとらえたホリスティックなアプローチをしています。 セッションの詳細については メニューページをご覧ください。     【アロハムの特徴】    ・セラピスト歴15年以上、セッションや講座で携わった方4000名以上。 ・心の深部にある苦しみの原因をみつけ、根底からの癒しと心身の変容をご一緒しています。 ・ご本人の気持ちを軸にした気づきの対話を通じて、心と身体の統合を深めます。 ・クライアント様は主に30~60代の女性がお越しになっています。ご職業も主婦の方、会社員、心理セラピスト、ボディワーカー、専門職など、あらゆる分野の方にお越しいただいております。 ・扱うテーマは『小さなころからの生きづらさ』『家族(親子・夫婦)関係、しがらみ』『自分らしく生きるには』が多いです。ここから派生して、お金、恋愛、健康についても問題が解けた、ということも多々あります。 ・約9割の方がリピートをされ、3~10回の継続セッションを選ばれます。 ・「悩みの根源がわかってスッキリした。」「気づいたら自然な楽さが増えていた。」というお声をよくいただきます。      ✧セッションはカウンセリングと各種セラピーを組み合わせ行っています。 -セラピーの種類 ・OAD(オープン・アウェアネス・ダイアローグ)  ・SE®(ソマティック・エクスペリエンシング)  ・EFT(世界基準に準じたトラウマ療法) http://jmet.org/ ・フォーカシング ・RFT(レジスタント フリーダム セラピー) http://www.resistantfreedomtherapy.com/ ・マトリックス リインプリンティング http://matrixreimprinting.jp/ ・ハート コネクション https://aroham.jp/heartconnection    心の深くにしまわれた声を聴きながら、癒しを進める心身育成プログラムをご用意しています。      【保有資格】 ●一般社団法人ハートレジリエンス協会認定 OAD心理セラピスト ●英Holistic Healing college 認定 Integrated Counselor インテグレイテッド カウンセラー ●JMET認定 EFTトレーナー ●Matrix Reimprinting Japan 認定 マトリックス・リインプリンティング プラクティショナー ●レジスタント・フリーダム・セラピーJAPAN認定 プラクティショナー ●溝口あゆか師提唱のインテグレイテッド心理学 基礎講座 講師 ●Somatic Experiencing training 初級・中級修了 フェイスブックでのお友達申請をくださるときには、一言いただけると嬉しいです。   ●facebook BLOG メールマガジン