カウンセリング&セラピー Aroham


セッションのとき何か言わなくてはと適当に答えました。~ご質問~


セッションへのご質問シリーズです。

 

ある方から
 

◯インナーチャイルドのセッションを探している。
◯でも『自分の本心をつかんだり感じたりすること』ができない。
◯それでもセッションはできるのか。
◯オンラインは可能か。

 
というご質問をいただきました。
 
セッションを受けるにあたっての疑問、不安、という点で多くの方が思うところ。そして、大事なところではないか、と思うので細かくお答えしています^^(御本人からご了承をいただき、掲載しております。)
 
前回(☆1と☆2)は『インナーチャイルドのセッションをするのに自分の本音がわからない。感じられない。』というときに、【本音・感情を感じられないのはなぜか。どのようにすればよいのか】ということを4つの理由と共に書きました。
 


 
今回は☆3のご質問。(質問の全文はこちらをご覧ください
 

『セッションでは、「どんな気持ちですか?」とか
「何を感じますか?」などとお聞きになるのかなと思うのですが、
自分の内側と繋がれないので、何か言わなくてはいけないので
適当に答えたことが何度もあります。』

 
適当にお答えになられたのですねー!ここで正直に書いてくださりありがとうございます^^

 
まず、そもそも。セッションはあなた(クライアントさん)の場。
 
クライアントメインですので、セラピストに遠慮して自分の気持ではないことを言わないでもいいのです。あわせなくていい、自分の本意でないことを言わなくていい。話したいときにむりに話さなくていい。セラピストの意見が違ったら「違う、しっくりきません。」と言っていい。
 
そのことを(ご存知だったかもしれませんが、)改めて記しますね^^
 
その上で。
 
もし自分の気持ちに繋がれないときには(繋がれない理由は前回の記事を御覧ください。)
 
「今、繋がれてない感じです。」
「イマイチわかりません。」
「??これ?って感じです。。わかりません。」
 
など、今のそのままを、遠慮なくお伝え下さい。それはあなたの感度の問題でもなくやり方が間違っているのでもありません。『何か言わないといけない。』と思われたかもしれませんが、大丈夫です^^
言わなくても、感覚がわからなくても大きな視点でいくとセッションは進みます。
 
また、慣れているセラピストであれば感じやすくなるような言葉がけや、感じることへの抵抗について、など、方法を変えるかもしれません。
という訳で、今回は
 
 
・感じられているか、感じられていないか、どちらでも、大丈夫。それをそのまま表現して、いい。(そこから見えるテーマがある。)
 
・自分の気持にそぐわないことはむりして答えなくていい♪
 
ということを書きました。セッションは自分にとことんオープンになる場。問い詰めていったり、暴いたりするものではありません♪
 
「北風と太陽」のお話のように、ぎゅっと固く、感じたくない、という状態のときにはそのままをみていきます。感じないなら、感じないという自分と共にいる。なんだか合わせてしまう、というならそういう自分の声をきく。
 
そんなふうにゆっくり、あるがままに。ジャッジも誘導もなく自然と進むのが対話メインのセッションです^^
 
 

☆4)へ続く
 
◯セッションへのお問い合わせ・ご予約はこちらからお願いいたします。
 
◯無料メールマガジンも配信しております。ご登録はこちらからお願いいたします。


こちらも合わせてお読みください



心と身体をつなぐセラピスト/カウンセラー
はんざわ ひさえ

 
【セッションについて】
 
パニック障害、うつ病(以前にも)、摂食障害、という症状のある方~長年の生きづらさを感じている。どうにかしたい。自分にゆっくり向き合ってみたい。もっと楽な生き方があるはずだ、と模索しておられる方へ。

潜在意識にあるパターンを解放する対話型のセッション(OAD:オープン・アウェアネス・ダイアローグ)や、身体感覚にアプローチをするトラウマ療法(SE:ソマティック・エクスペリエンシング)などを用いたカウンセリングを行っています。

対面の場合、必要に応じて身体の緊張を溶く、ボディワーク(プレゼンスタッチ)も行います。
  
~個人セッション~ 
心の状態、身体の状態、ライフサイクルなどを包括的にとらえたホリスティックなアプローチをしています。

セッションの詳細については メニューページをご覧ください。
   

【アロハムの特徴】
  
・セラピスト歴15年以上、セッションや講座で携わった方3000名以上。

・心の深部にある苦しみの原因をみつけ、根底からの癒しと心身の変容をご一緒しています。

・ご本人の気持ちを軸にした気づきの対話を通じて、心と身体の統合を深めます。

・クライアント様は主に30~60代の女性がお越しになっています。ご職業も主婦の方、会社員、心理セラピスト、ボディワーカー、専門職など、あらゆる分野の方にお越しいただいております。

・扱うテーマは『小さなころからの生きづらさ』『家族(親子・夫婦)関係、しがらみ』『自分らしく生きるには』が多いです。ここから派生して、お金、恋愛、健康についても問題が解けた、ということも多々あります。

・約9割の方がリピートをされ、3~10回の継続セッションを選ばれます。
・「悩みの根源がわかってスッキリした。」「気づいたら自然な楽さが増えていた。」というお声をよくいただきます。
 
  
✧セッションはカウンセリングと各種セラピーを組み合わせ行っています。

-セラピーの種類
・OAD(オープン・アウェアネス・ダイアローグ) 

・SE(ソマティック・エクスペリエンシング) 

・EFT(世界基準に準じたトラウマ療法)
http://jmet.org/

・フォーカシング

・RFT(レジスタント フリーダム セラピー)
http://www.resistantfreedomtherapy.com/

・マトリックス リインプリンティング
http://matrixreimprinting.jp/

・ハート コネクション
http://aroham.jp/heartconnection

  
心の深くにしまわれた声を聴きながら、癒しを進める心身育成プログラムをご用意しています。
 
  
【保有資格】

●一般社団法人ハートレジリエンス協会認定
OAD心理セラピスト

●英Holistic Healing college 認定
Integrated Counselor
インテグレイテッド カウンセラー

●JMET認定 EFTトレーナー

●Matrix Reimprinting Japan 認定
マトリックス・リインプリンティング プラクティショナー

●レジスタント・フリーダム・セラピーJAPAN認定
プラクティショナー

●溝口あゆか師提唱のインテグレイテッド心理学 基礎講座 講師

●Somatic Experiencing training 中級Ⅰ修了

フェイスブックでのお友達申請をくださるときには、一言いただけると嬉しいです。
 
facebook
BLOG
メールマガジン 

ピックアップ

2013年10月18日
自然のコントラスト

過去の投稿を検索

メタ情報

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ