Aroham


境界線について④敏感、繊細、感じやす過ぎる方(HSP)への効用♪


傷つきやすい。人や場のエネルギーに敏感。大きな音、強い香り、光の刺激に弱い。など、感受性が豊かで繊細に反応しやすい方を『ハイリーセンシティブパーソン:HSP』といいます。
 

「人の言わんとしていることがわかる。空気を読む(読みすぎる)。」「場のエネルギーに敏感で疲れる。」「言われたことを真に受けとってしまう。」「人より些細なことを気にして傷ついていまう」「音や香りに敏感。」「すぐびっくりする。」ということが当てはまる方は、もしかしたらそのような傾向が強いかもしれません。
 
(ちなみに、人一倍敏感なため、親が「少し育てにくい」と感じるような子供を『ハイリーセンシティブチャイルド(HSC)』といいます。HSPもHSCも、エレイン・N・アーロン博士の研究によって発見されました。)
 

「つい、人の気持ちを考えすぎてしまう。」「なかなか自分の気持ちが言えない。」「引っ込み思案になりがち。」というとき。それはHSPのもつ個性の側面だとしたら、ダメ、と思っていた自分との違う付き合い方も見えてくるのではないでしょうか(^^)
 
 

◯HSPのチェック項目
 
❏周りの(人、環境など)小さな変化にもわりと気がつく。
❏人の気分に左右されやすい。影響を受けやすい。
❏痛みに弱い。敏感。
❏忙しい日が続くと、一人ぼーっとしたり静かに過ごせるところに逃げたくなる。
❏カフェインに弱い。
❏まぶしい光、強い匂い、ゴワゴワした布などの肌触り、サイレンの大きな音などが苦手。
❏騒音や大きな音には耐えられない。
❏本や映画、舞台など美術や芸術に心を動かされやすい。
❏何かをするときには丁寧にする。
❏すぐに驚く、ビクッと反応する。
❏誰かが落ち着かない様子のとき(部屋の明るさ、温度、席の位置など)どうしたら心地よくなるか、すぐに気がつく。
❏短い時間に多くのことを抱えるとアタフタする。
❏一度にたくさんのことを頼まれるとイライラする。
❏ミスや忘れ物がないよう、いつも気をつける。
❏暴力的な映画やTVの残虐なシーンなどがとてもイヤ。見ないようにする。
❏周りでいろいろなことが起こると気分が悪くなる。
❏お腹が空きすぎると集中力や気分が乱れる。
❏生活に変化が起こると混乱する。規則的、秩序的なペースがすき。
❏繊細で上品なものを好む。(味、香り、物など)
❏普段の生活では動揺するような状況を避けることを優先している。
❏仕事(や課題、発表など)のとき、競争させられたり誰かに見られているとうまくできない。
❏子どものころ、親や教師から「敏感、繊細、内気、変わっている」などと言われいていた。
 

以上の質問に12個以上チェックがついた方はHSPにあたるかもしれません。逆に、1~2個しか当てはまらない。けれど、とても強く当てはまる、というときにも、HSPということもあります。いずれにしても、多い少ないに限らずしっくりきたときには、自分の個性の理解を深める目安の一つにしてみるのもよいでしょう。
 
 
HSPは遺伝的に異なる種類を持つと言われています。生まれつきではなく、人生の途中から敏感になったとしても、敏感さは遺伝する、と言われています。しかし、遺伝的な特性も環境次第で出たり出なかったり(または変化したり)します。
逆に遺伝とは関係なく、兄や姉のいる子どもや親から小さい頃に引き離された子ザルもHSになりやすいことから、敏感さは遺伝でもあるし、環境でも出る。とも言えます。(遺伝でも出ない、環境によっては出にくくなる、など。)
 

<身体的特徴>
 
HSPはストレス時も安心時も、神経が高ぶっているときや警戒しているときに分泌されるホルモンが多く分泌されていることも知られています。心拍数ももともと速いのでストレスにより過敏に反応しやすい面もあります。さらに五感が繊細で感じやすかったり、などで幼いころから過度な緊張が続き、余計にホルモン分泌の乱れが起きやすく、心身の不調につながることがあります。

 
直感力に優れているHSPは微妙な人(場)の変化を察知し、周りの空気を読みすぎ、疲れる傾向があります。また断りにくい(断ることに罪悪感を感じやすい)ので自分より相手の気持ちに合わせることもしがちになります。
 
このように、他者や環境にあわせがちなHSPのタイプにとって、境界線を意識することで、自分が責任を取れる部分とそうではない部分を知ることで健全な安心領域を自分で見いだせるようになるでしょう。

 
 
境界線について詳しくはこちらをご覧ください↓
 
①境界線とは。
②越えたり越えられたりするとどうなるの?何がまずいの?
③どうして越えられたり越えるようになるの?心のしくみ

 
他者との関係を心地よいものにする『境界線セミナー』11月は満員となっております。12月以降の予定はまだ決まっておりませんが、リクエストなどありましたら、お気軽にお寄せ下さい♪
 
◯セッション・セミナーのお問合わせはこちらからお願いいたします⇒AROHAM


こちらも合わせてお読みください

2013年10月09日 空と雲。


-アロハム ホリスティック ヒーリング サロン-

はんざわ ひさえ

 
【セッションについて】
 
非二元(悟り)と心のしくみを統合させた『インテグレイテッド心理学』をベースに、『気づきの問いかけ』と苦しみを解放する『心理セラピー』を組み合わせたセッション《オープン・アウェアネス・ダイアローグ:OAD》をおこなっております。
(インテグレイテッド心理学、オープン・アウェアネス・ダイアローグ、共に溝口あゆかさんが提唱されたものです。)
 
対面の場合、必要に応じて身体の緊張を溶く、ボディワーク(プレゼンスタッチ)も行います。
  
1)オープン・アウェアネス・ダイアローグ:OAD
2)ソマティック・エンパワリングプログラム:SEP
(OADセッション+個人レッスン+セルフワークサポート)
  
各セッションの詳細については メニューページをご覧ください。
  
【アロハムの特徴】
  
・セラピスト歴11年、セッションや講座で携わった方1200名以上。
・心の深部にある苦しみの原因をみつけ、根底からの癒しと心身の変容をご一緒しています。
・ご本人の気持ちを軸にした気づきの対話を通じて、心と身体の統合を深めます。
・クライアント様は30、40、50代の女性を中心に20~60代の方。ご職業も主婦、会社員、専門職~著名人など、あらゆる分野の方にお越しいただいております。
・扱うテーマは『小さなころからの生きづらさ』『家族(親子・夫婦)関係、しがらみ』『自分らしく生きるには』が多いです。ここから派生して、お金、恋愛、健康についても問題が解けた、ということも多々あります。
・約9割の方がリピートをされ、3~10回の継続セッションを選ばれます。
・「気づいたら自然な楽さが増えていた。」というお声をよくいただきます。
  
✧セッション用いるEFTセラピーは世界基準に準じた方法を取り入れています。
(JMET認定 EFTトレーナー)
✧インテグレイテッド心理学基礎講座、EFTプラクティショナー養成講座も
開講しております。(6名様以上で開催。)お気軽にお問合わせください。
  
心の深くにしまわれた声を聴きながら、癒しを進める心身育成プログラムをご用意しています。
  
【保有資格】

●一般社団法人ハートレジリエンス協会認定
OAD心理セラピスト

●英Holistic Healing college 認定
Integrated Counselor
インテグレイテッド カウンセラー

●JMET認定 EFTトレーナー

●Matrix Reimprinting Japan 認定
マトリックス・リインプリンティング プラクティショナー

●レジスタント・フリーダム・セラピーJAPAN認定
プラクティショナー

●溝口あゆか師提唱のインテグレイティッド心理学 基礎講座 講師

  
フェイスブックでのお友達申請をくださるときには、一言いただけると嬉しいです。
 
facebook
BLOG
メールマガジン 

ピックアップ

2013年07月10日
はじめまして!
2013年10月09日
空と雲。

過去の投稿を検索

メタ情報

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ