カウンセリング&セラピー Aroham


今の時期にオススメのアロマオイル(ヴェルトゥー)


ヴェルトゥ0117寒さと陰の気が高まる今の時期は身体に「陽」のエネルギーを補充するオイルがおすすめです♪今月の人気ベスト3は、インプレッシブ(陽)、リプロダクティブ(PMSやホルモンバランスの乱れ)、イミューン(呼吸器系の強化とサポート。)

ホットストーンとの組み合わせも「上質なオイルを身体に吸収させる」という点からもおすすめです。 ヴェルトゥーを使いながらメンテナンスで通われている、80代の女性のお身体。姿勢やバイタルフォース(内側の生命力)がぐんぐん変わっています。その変化を目の当たりにできて、人が元々持っている力強さを改めて感じています。からだや心は少し目を向けるだけでもどんどん変わりますよ~ まずはゆっくり湯船につかってみたり、体が欲しがるものを食べてみたり、抜いてみたり。小さな「自分に優しい習慣」はいかがでしょうか。

どうぞ暖かくしてお過ごしください(^-^)

 

AROHAM kee

 


こちらも合わせてお読みください



心と身体をつなぐセラピスト/カウンセラー
はんざわ ひさえ

 
【セッションについて】
 
パニック障害、うつ病(以前にも)、摂食障害、という症状のある方~長年の生きづらさを感じている。どうにかしたい。自分にゆっくり向き合ってみたい。もっと楽な生き方があるはずだ、と模索しておられる方へ。

潜在意識にあるパターンを解放する対話型のセッション(OAD:オープン・アウェアネス・ダイアローグ)や、身体感覚にアプローチをするトラウマ療法(SE:ソマティック・エクスペリエンシング)などを用いたカウンセリングを行っています。

対面の場合、必要に応じて身体の緊張を溶く、ボディワーク(プレゼンスタッチ)も行います。
  
~個人セッション~ 
心の状態、身体の状態、ライフサイクルなどを包括的にとらえたホリスティックなアプローチをしています。

セッションの詳細については メニューページをご覧ください。
   

【アロハムの特徴】
  
・セラピスト歴12年以上、セッションや講座で携わった方2000名以上。
・心の深部にある苦しみの原因をみつけ、根底からの癒しと心身の変容をご一緒しています。
・ご本人の気持ちを軸にした気づきの対話を通じて、心と身体の統合を深めます。
・クライアント様は主に30~60代の女性がお越しになっています。ご職業も主婦の方、会社員、心理セラピスト、ボディワーカー、専門職など、あらゆる分野の方にお越しいただいております。
・扱うテーマは『小さなころからの生きづらさ』『家族(親子・夫婦)関係、しがらみ』『自分らしく生きるには』が多いです。ここから派生して、お金、恋愛、健康についても問題が解けた、ということも多々あります。
・約9割の方がリピートをされ、3~10回の継続セッションを選ばれます。
・「悩みの根源がわかってスッキリした。」「気づいたら自然な楽さが増えていた。」というお声をよくいただきます。
 
  
✧セッションはカウンセリングと各種セラピーを組み合わせ行っています。

-セラピーの種類
・SE(ソマティック・エクスペリエンシング) 

・EFT(世界基準に準じた手法)
http://jmet.org/

・フォーカシング

・RFT(レジスタント フリーダム セラピー)
http://www.resistantfreedomtherapy.com/

・マトリックス リインプリンティング
http://matrixreimprinting.jp/

・ハート コネクション
http://aroham.jp/heartconnection

  
心の深くにしまわれた声を聴きながら、癒しを進める心身育成プログラムをご用意しています。
 
  
【保有資格】

●一般社団法人ハートレジリエンス協会認定
OAD心理セラピスト

●英Holistic Healing college 認定
Integrated Counselor
インテグレイテッド カウンセラー

●JMET認定 EFTトレーナー

●Matrix Reimprinting Japan 認定
マトリックス・リインプリンティング プラクティショナー

●レジスタント・フリーダム・セラピーJAPAN認定
プラクティショナー

●溝口あゆか師提唱のインテグレイテッド心理学 基礎講座 講師

●Somatic Experiencing training 初級Ⅰ修了

フェイスブックでのお友達申請をくださるときには、一言いただけると嬉しいです。
 
facebook
BLOG
メールマガジン 

ピックアップ

2013年08月02日
心の扉を開く

過去の投稿を検索

メタ情報

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ