Aroham


ポリヴェーガル理論とは


【ポリヴェーガル理論とは】
 
ポリヴェーガル理論(多重迷走神経論)とは、1995年ステファン・ポージェス博士によって発表された神経系の新しい理解です。
 
今までは、人の神経系の働きは大きく『交感神経と副交感神経』。というものでしたが、博士は人類の進化の過程から副交感神経に含まれる二つの迷走神経の働きに注目しました。それが、人らしい動きを司る『腹側迷走神経』と、原始的な動きを支配する『背側迷走神経』です。

 

・腹側迷走神経(副交感神経)がヒトらしいコミニュケーションなどに関わる
・交感神経:神経の高ぶり、緊張などに関わる
・背側迷走神経(副交感神経):凍りつき・極度のストレス時に関わる

 
とても大雑把に言うと、信号の【青・黄・赤】のような働きです。この神経系の働きを理解することで・・・
 
・今、自分はどのような状態にいるのか。
・それはなぜ、そのようになったのか。
・この状態から抜け出すにはどうすればよいのか。
 
などを知り、より快適な状態になるよう、自分でできることも見つかります。いわゆる「自律神経を整える」ということから、より丁寧に身体や心の状態を理解し、しっかりアプローチするができます。また、セラピストがクライアントの神経系の状態を理解することはより安全で安心なセッションを提供することができるでしょう。
 
 

【理論】
 
ポリヴェーガル理論は、爬虫類~哺乳類への脳や身体の進化の過程を通して得た生物学的な発達の視点から、哺乳類のみが独自にもつ自律神経系を科学的に説明するものです。
 
この神経の発達の過程を順序立てて理解することはヒトの落ち着いた状態やストレス状態(圧倒やフリーズなど)を見極めるのに役立つ。また3つの神経系の特徴を知ることで、クライアント(や自分)の自動反応を理解したり、過剰な反応を予防することにも役立つでしょう。
 
 
【ポリヴェーガル理論の成り立ち】(かなり短縮しています。)
 
地球は時間をかけて成長していった。その進化の過程をウイリアム・スミス(地質学者)の死後、ダーウィンが引き継いだ。それをまとめると…
 
・地球は順に成長していった(地質からみて)。

・生物も同じように順に成長していった。

・私たち人間の体の中には生物の進化の過程が残っている。ヒトは突然発生したのではなく、適応しながら変化する、というこを繰り返していった。

・太古の昔、一番進化していたのは骨もなく軟骨と神経系だけの無顎類。これはゆっくりと物を消化・排泄する、というこの二つの機能だけを持つ。これが背側迷走神経(DVC)の起源。

・時間が経ち、新しい神経系を持つものが現れた。特徴はゆっくり動く、そして速く動く、ターンして向きを変える、など。これがあることで自己防衛の行動を取れるようになった。(DVCから派生したSNS)

・そこから水を出て陸へ上がる両生類。(水から陸へジャンプ。この動きが交感神経)そこから進化して爬虫類。トカゲ・蛇など。この二つの神経系(ゆっくり&速い、酸素をキープ&戦う)などの時代が二億年。

・しばらくして、ネズミのような生物(哺乳類)が地下に生まれた。(地上には恐竜)この哺乳類の誕生が腹側迷走神経(VVC)。三つ目の神経枝を作った。今まではONかOFFだけだったのがOFFをしながらも調整できるようになった。
(※背側迷走神経から腹側迷走神経というヒトらしい動きを司る神経が生まれた。)
 
・ちなみに胎児も母体の中で魚→トカゲ→ヒトのように、胎内で進化を辿る。
 
・大雑把にいうと、遅い・速い・洗練された、という3つの特徴の神経系である。

 
 
【人を支配する3つの神経】 
 
<青信号> 副交感神経:腹側迷走神経
 

・VVC:Ventral Vegus Complex
・ヒトらしいコミニュケーションを司るもの/哺乳類

 
◯目、耳、口、のど周りの神経。また、首の動き、発声、心臓と肺のペースを保つ/脳、食道、心臓、肺

◯人間にとって自然な状態/するべきことを自然にできる/心地よい円滑な人間関係を育む/絆の形成と愛着の過程に不可欠

◯動きやすいニュートラルなエネルギー/自発的なソーシャルエンゲージメント/制御を判断できる/好奇心/環境の安全を読み取る

 
<黄信号> 交感神経
 

・SNS:Sympathitiv Nerve System
・神経の高ぶり、危険時に優位/硬骨魚、両生類、爬虫類から

 
◯顔面に限定/内臓器官/視床下部、下垂体、副腎系

◯危険時に優位/活動と準備/痛み、熱さの感覚を感じて伝える/性的興奮/日常の活動、集中力、努力/生き残り反応を司る→闘争・逃走のためのエネルギーを準備/代謝を司る

◯スピードアップしつつあるハイエナジー/素早い判断
 
●-危険時には-自己防衛の活性化(逃走・闘争に使われる)/エネルギーの準備/代謝

●-トラウマ由来の蓄積したストレスがある場合(慢性的に優位な状態)-
不安、パニック/絶え間ない緊張/繰り返す攻撃性/過度の警戒/怒り、恐れ/激しい苦痛、動揺

 
<赤信号> 副交感神経:背側迷走神経

・DVC:Dosal Vegal complex
・もっとも緩やかな植物的な迷走神経/古代魚から

 
◯心拍数/呼吸/内蔵

◯致死的状況でニューロセプションに優位/酸素の確保/

◯休息/消化、排泄/睡眠/オーガズム/恐れを伴わない不動/ローエナジー/ゆっくり判断/停止/酸素をあまり使わない
※日常の消化と体の回復に不可欠。絆の形成と愛着過程の一部。
 
●-危険時には-
シャットダウン/停止/消極的な自己防衛反応(凍りつき・不動)/感じることの低下(痛み、感情、感覚)痛みを軽減する神経化学物質も出す。

●-トラウマ由来の蓄積したストレスがある場合(慢性的に優位な状態)-
うつ/低エネルギー状態/しびれ/乖離

 
 
【反応と神経の処理】
 
内部や外部で精神的、身体的、環境的に何かが起きる。

ニューロセプション(神経受容でフィルターする。)そして、以下の1、2、3、いずれかの反応になる。
(※必ずしも順番通りではない)

1)十分安全だとわかると…VVC(青信号)自発的オリエンテーションが働く(会話するなど)
 
2)危険を察知すると…SNS(黄信号)逃走・闘争、心拍数上がる、恐れや不安が強まる、筋緊張、消化、回復遅くなる
 
3)生命の危険があると察知すると…DVC(赤信号)凍りつき反応、心拍や呼吸が減少、筋緊張弱まる、痛み減る、何も感じなくなる、反応が非常に遅くなる(乖離)

 
 
【セラピストがセッションのときに生かせること】
 
・部屋に入ってきたときのクライエントの状態(姿勢、目の動き、挙動、声のトーン、顔の筋肉が随意でどれぐらい動かせるか、など)で、
神経系がこの辺の状態だ、と見立てができる。(その後のセッションを安全に進められる)
 
・この人の中で何が起きているのか?を理解するのに役立つ。
 
・クライエントがどのパターンにはまっているのかを知る。そしてセラピストが神経系をどう変化させるか。
 
 
【ポイント】
 
・ポリヴェーガル理論は「社会神経系」を軸にヒトの状態・行動を理解する。
 
・今まで『交感神経・副交感神経』の二種類で捉えていたものを、ヒト(哺乳類)が持つ独特の神経(迷走神経)からみていくことでストレスや症状への理解が深まる。また、クライアントの状態の背景を理解することでクライアントへの理解も深まり、より適切なアプローチをすることができる。
 
・トラウマの特徴を深く知ることができる。(安全なセッションを提供できる。)
 
・自分自身の理解に役立つ。
 
・セラピストとしてのスタンスにも役立つ。(神経系の共鳴)
 
 
【神経系の安定としてできること】
・深く吐く、ゆっくり吸う、深呼吸を何度か繰り返す
・周りを見渡すように首を動かす(物を見る、認識する)
・コミニュケーション活動をする(誰かとしゃべる)
・EFTをご存知の方はタッピングを♪
・ほか、神経を整える方法自体はたくさんありますので、好きなもの、やりたいものを見つけてみて下さいね。

 
 
 

※この記事は2016年に開催されたアンソニー・ツイッグのセミナーを参考にしています。とてもわかりやすく教えてくれました。
ツイッグのサイトはこちらです。(英文です)>>アンソニー・フィラー(ツイッグ)HP
 

※ポリヴェーガル理論の全てを網羅するものではないため、より詳しく専門的に書かれたサイトなどもご覧ください。ここでは簡易的にまとめたものを書いております。
 

<<お勧めのサイト・文献など>>
 

>>BIPS公式サイト
 

>>ポリヴェーガル理論-人間にとって安全とは何か?- 丸太ギリさんの書かれた論文


こちらも合わせてお読みください



-アロハム ホリスティック ヒーリング サロン-

はんざわ ひさえ

 
【セッションについて】
 
非二元(悟り)と心のしくみを統合させた『インテグレイテッド心理学』をベースに、『気づきの問いかけ』と苦しみを解放する『心理セラピー』を組み合わせたセッション《オープン・アウェアネス・ダイアローグ:OAD》をおこなっております。
(インテグレイテッド心理学、オープン・アウェアネス・ダイアローグ、共に溝口あゆかさんが提唱されたものです。)
 
対面の場合、必要に応じて身体の緊張を溶く、ボディワーク(プレゼンスタッチ)も行います。
  
1)オープン・アウェアネス・ダイアローグ:OAD
2)ソマティック・エンパワリングプログラム:SEP
(OADセッション+個人レッスン+セルフワークサポート)
  
各セッションの詳細については メニューページをご覧ください。
  
【アロハムの特徴】
  
・セラピスト歴11年、セッションや講座で携わった方1200名以上。
・心の深部にある苦しみの原因をみつけ、根底からの癒しと心身の変容をご一緒しています。
・ご本人の気持ちを軸にした気づきの対話を通じて、心と身体の統合を深めます。
・クライアント様は30、40、50代の女性を中心に20~60代の方。ご職業も主婦、会社員、専門職~著名人など、あらゆる分野の方にお越しいただいております。
・扱うテーマは『小さなころからの生きづらさ』『家族(親子・夫婦)関係、しがらみ』『自分らしく生きるには』が多いです。ここから派生して、お金、恋愛、健康についても問題が解けた、ということも多々あります。
・約9割の方がリピートをされ、3~10回の継続セッションを選ばれます。
・「気づいたら自然な楽さが増えていた。」というお声をよくいただきます。
  
✧セッション用いるEFTセラピーは世界基準に準じた方法を取り入れています。
(JMET認定 EFTトレーナー)
✧インテグレイテッド心理学基礎講座、EFTプラクティショナー養成講座も
開講しております。(6名様以上で開催。)お気軽にお問合わせください。
  
心の深くにしまわれた声を聴きながら、癒しを進める心身育成プログラムをご用意しています。
  
【保有資格】

●一般社団法人ハートレジリエンス協会認定
OAD心理セラピスト

●英Holistic Healing college 認定
Integrated Counselor
インテグレイテッド カウンセラー

●JMET認定 EFTトレーナー

●Matrix Reimprinting Japan 認定
マトリックス・リインプリンティング プラクティショナー

●レジスタント・フリーダム・セラピーJAPAN認定
プラクティショナー

●溝口あゆか師提唱のインテグレイティッド心理学 基礎講座 講師

  
フェイスブックでのお友達申請をくださるときには、一言いただけると嬉しいです。
 
facebook
BLOG
メールマガジン 

ピックアップ

2017年05月11日
~トラウマとは~

過去の投稿を検索

メタ情報

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ