カウンセリング&セラピー Aroham


キャパオーバーのとき。ダウンする前にできること。


今日は「キャパオーバー」について。そのときにできる5つのことを書きました。記事の終わりにはオススメのセミナーのお知らせが2つあります。どうぞご覧ください。
 

 
今朝のラジオで視聴者の方からのお悩みが寄せられていました。大まかな内容として
 

『以前、働きすぎで体調を崩した。そのときには病院で診断もされ、休みをとり、数年かけてようやく最近自分が取り戻ってきた感じ。
でも、今の職場でキャパオーバーだと感じるようになり、思い切って職場の皆に仕事の量がキャパオーバー気味でつらいことを打ち明けた。
 
これは正直に打ち明けてよかったのだろうか。」

 
というものでした。
 

 
キャパシティオーバー。これは自分が消化できることを越えてダウンすることですね。(ダウン自体はわるくない。)
 
これが起こる背景は
 
・がんばるのが得意で休むのがニガテ。
・自分に厳しいのは得意で優しくするのは少なめ。
 
というオン・オフのバランスの偏り。
 
・オンモードの水準も高め設定。
・疲れ自体に気づいていない。
・インプット(休憩・養生)がアウトプットに追いつかなくなった。
 
などが続くこと。
 
これが積み重なるとキャパオーバーである日くったり。ということが起こります。これには隠れ修行僧の方、多しです。今、読んでくださっているあなたはいかがでしょうか。
 

 
先ほどのラジオの方に話を戻すと、会社の中で
 
「今、しんどい。」「仕事の量が自分には負担だ。」「過去にこういうことがあった。」「もう少し減らして欲しい。」
 
など、気持ちを打ち明けたり相談すること。人によっては勇気がいることかと思います。特に、友達関係ではなく職場という環境だったらなおのこと、話すまでに
 
「話したらどう思われるかな。」「これからの仕事(昇進、査定)に影響があるかな。」「周りの人に迷惑かけちゃうかな。」
 
などいろいろな考えもよぎるかもしれません。
 
まず、ここで
 
『どう思われるか?』『どうなるか?』
 
という外軸から
 
『今、どう感じているか。』『自分はどうしたいか。どうすれば自分はいい感じか。』
 
という内側に軸をもつこと。これもストレスや疲弊をへらすのに大切なポイントですね。悩みが増えるときは今、苦しい状況に加えて、
 
・それをどうすることもできない。
・それが続く。
・さらにためる。
 
このループになるので”苦しみ団子”が大きくなります。ここでさらに
 
「~って言ったらどうなる?」「どう思われる?」「そうなるかも?」「(希望のように)ならないかも?」
 
これで考え始めるとかなりのぐるぐる思考になっていきます。つらいときにこうなるとなんだか消耗しますよね。
このような「キャパオーバーだ。」というとき。まずは今の「もうムリ。。」という状態をとめましょう。
 
そのためにできる5つのことは
 

1)まず立ち止まる
 
2)自分軸の視点で「何が必要か」みる。
→相手がOKになるにはどうすればいい?という外軸ではなく。
自分を労る、優しくするのは自分勝手ではありません。
 
3)キャパオーバーの内訳をみる
→仕事の量?環境?人間関係?体調?プライベートのこと?など、今の自分が感じているストレストピックスを挙げてみましょう。
 
4)その中でも何が一番の消耗テーマでしょう?
→そして、なぜ、消耗することになっているのか?自分のみている世界を眺めてみるのもおすすめです。
 
5)変えられるものは変える。避けられるものは避ける。休めるものは休む。しない。

 
ここまでが応急処置的にすぐできること。今の「もうムリ。。。」になるまでに心も身体も、思っていたよりも疲れていることもあります。
どうぞ「どうにかする。」の前に、まずとまる。休むこと。たっぷりされてくださいね。
 
そして一息ついてから現状を整理。そこから

・自分にとって今の状況の中で何が一番、疲れること?

・私ができること、できないことはなんだろう。

・私がしたいこと、したくないことはなんだろう。
 
ゆっくり自分の気持を確かめてみませんか。いつもの自分にも「おつかれさま^^」を。
 
 

~お知らせ~
 
1)生きやすい心と身体づくりの土台をつくるセミナー『ライフ・トリロジー』

4月~オンラインコースが始まります。(残り4名様)まだ募集しております。ご参加お待ちしております♪

詳細:
 
2)安心感を自分に見出すセラピー『ハート・コネクション』対面
4月16日(火曜)13時~

詳細:

◯お問合せ・お申込みはこちらからお願いいたします。


こちらも合わせてお読みください



心と身体をつなぐセラピスト/カウンセラー
はんざわ ひさえ

 
【セッションについて】
 
パニック障害、うつ病(以前にも)、摂食障害、という症状のある方~長年の生きづらさを感じている。どうにかしたい。自分にゆっくり向き合ってみたい。もっと楽な生き方があるはずだ、と模索しておられる方へ。

潜在意識にあるパターンを解放する対話型のセッション(OAD:オープン・アウェアネス・ダイアローグ)や、身体感覚にアプローチをするトラウマ療法(SE:ソマティック・エクスペリエンシング)などを用いたカウンセリングを行っています。

対面の場合、必要に応じて身体の緊張を溶く、ボディワーク(プレゼンスタッチ)も行います。
  
~個人セッション~ 
心の状態、身体の状態、ライフサイクルなどを包括的にとらえたホリスティックなアプローチをしています。

セッションの詳細については メニューページをご覧ください。
   

【アロハムの特徴】
  
・セラピスト歴12年以上、セッションや講座で携わった方2000名以上。
・心の深部にある苦しみの原因をみつけ、根底からの癒しと心身の変容をご一緒しています。
・ご本人の気持ちを軸にした気づきの対話を通じて、心と身体の統合を深めます。
・クライアント様は主に30~60代の女性がお越しになっています。ご職業も主婦の方、会社員、心理セラピスト、ボディワーカー、専門職など、あらゆる分野の方にお越しいただいております。
・扱うテーマは『小さなころからの生きづらさ』『家族(親子・夫婦)関係、しがらみ』『自分らしく生きるには』が多いです。ここから派生して、お金、恋愛、健康についても問題が解けた、ということも多々あります。
・約9割の方がリピートをされ、3~10回の継続セッションを選ばれます。
・「悩みの根源がわかってスッキリした。」「気づいたら自然な楽さが増えていた。」というお声をよくいただきます。
 
  
✧セッションはカウンセリングと各種セラピーを組み合わせ行っています。

-セラピーの種類
・SE(ソマティック・エクスペリエンシング) 

・EFT(世界基準に準じた手法)
http://jmet.org/

・フォーカシング

・RFT(レジスタント フリーダム セラピー)
http://www.resistantfreedomtherapy.com/

・マトリックス リインプリンティング
http://matrixreimprinting.jp/

・ハート コネクション
http://aroham.jp/heartconnection

  
心の深くにしまわれた声を聴きながら、癒しを進める心身育成プログラムをご用意しています。
 
  
【保有資格】

●一般社団法人ハートレジリエンス協会認定
OAD心理セラピスト

●英Holistic Healing college 認定
Integrated Counselor
インテグレイテッド カウンセラー

●JMET認定 EFTトレーナー

●Matrix Reimprinting Japan 認定
マトリックス・リインプリンティング プラクティショナー

●レジスタント・フリーダム・セラピーJAPAN認定
プラクティショナー

●溝口あゆか師提唱のインテグレイテッド心理学 基礎講座 講師

●Somatic Experiencing training 初級Ⅰ修了

フェイスブックでのお友達申請をくださるときには、一言いただけると嬉しいです。
 
facebook
BLOG
メールマガジン 

ピックアップ

2013年09月17日
おススメの場所♪

過去の投稿を検索

メタ情報

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ