Aroham


『不安』なとき、どうしている?どうする?


ホワイトボード『ハートレジリエンス協会』の主催するショートセミナー『不安がなかなか頭から離れないあなたへ』が表参道で開催されました。担当講師はパニック障害のしくみや、そのケアについてもわかりやすい説明で定評のある下田屋寛子さん。私もアシスタントで入らせていただきました。そしてレポートを書く担当でしたので、講座後に内容をまとめました♪

読んだだけでも、少しは不安のかたまりがほどけるかな??と思い、ハートレジリエンス協会のフェイスブックに載せたものをこちらでもシェアいたします。

~以下は下田屋寛子さんの講座のまとめです~

まず、不安なときは。。。

・整理されていない思考がたくさんあふれている
・その思考の内容も整理する(見つめる)のがつらい
・身体も反応している(固く緊張する、ソワソワする、など)
・不安に思うことが整理されていないので、余計に漠然として大きくなる

という状態が重なり、余計に不安が強くなります。

他にも

・脳が持つ言葉とイメージを理解する機能により、未来を予測して不安へ対処する。
・『活動-防衛-安全』のつながりが、不安が強いときには三点全体のバランスが崩れ、特に『防衛』の働きが強くなる。

ということも知りました。このように『不安』の状態を理解したあと、


・そもそも不安感はどうして出てくるの?
・何が原因?
・どのようにすればよいの?

ということをみていきました。

そもそも、”不安”はどのようなときに感じるでしょう。振り返ってみると、必ず未来・将来に関わる思いやできごとについて考えたときではないでしょうか。その予測は人間の脳が持つ機能により、言葉とイメージからの想像で、過去の経験から想像→言葉で意味付け→理解と解釈をする。という一連の動きが働くからです。

このとき、もし過去に危険なできごとや嫌な思いをしたのであれば、もう二度と同じことを繰り返さないよう気をつけたり、二度と感じないよう、深い部分にしまい(抑圧)感じないようにします。ある部分では学習になることが、ある部分では抑圧になる、ということです。

このようにして、心の深部にしまった”マズイこと・感じたくないこと”、つまり『恐れ』を避けるようになり、潜在意識にしまったその恐れが刺激されると、表層の部分で「いやだ!どうしよう!◯◯になるかもしれない。」などのように不安として感じます。
ちなみに『恐れているもの』とは

・自分のなりたくない姿(例えばみじめ、弱い、独り、など)
・禁止していること(人を傷つけてはいけない、遅刻してはいけない)

などです。さらに「なぜこういう姿を禁止するか、という部分では、『肉体の死・自己価値の死』が刺激されるから。という、私たち(自我)全員が持つ究極の恐れについても触れました。

前半の不安のメカニズムや心のしくみの講義のあとは、それぞれが持つ『不安=恐れているもの』についてのセルフワークです。

・今不安に思っていること、感じていることを書き出す(なるべく具体的に絞る)
・それについてまつわる思いを全て書き出す。感情も数値化する
・その中で一番反応する思いについて掘り下げる

❏❏

…などなど、どんどん心の深い部分にしまわれた「自分が恐れているストーリー・自分が避けたい自分の姿」をみていきました。
この過程は、たんに嫌な気持ちを書き出すというものではなく、実は「置き去りにしていた自分の本当の姿」だったりします。
抑圧していた自分の本音を知ることは、優しく優しく自分を受け入れること。。。書くと簡単なことのようですが、ふだん潜在意識にしまっているということは、それだけ見たくない姿、知りたくない気持ちということ。ここが癒しやセルフワークを進めるときの難しいポイントかもしれません。でも、このナイことにしていた気持ちや抵抗を知り、自分のハートの声に自分で耳を傾けることにより、

・滞っていたエネルギーが動き、
・恐れていたものが恐れるようなものではなかったとわかる
・そうなると恐れも不安も、そういう自分の姿も「全部、あってよかったのだ。」と深い部分で受容できる。。。

そのような流れを体験していただけたのではないでしょうか。表面に現れている「不安」を手がかりに、自分が恐れていたものを解き、「どんな自分も一切変わらず、このままでよかったのだ。」そのようなことが心から感じられる。
そのような時間になったかと思います。

ご参加いただいた皆さまもワークに集中され、熱心なご質問もくださり、ありがとうございました!
苦しみへの抵抗が薄くなると、不安感がどう変わるのか。ぜひご覧ください(^^)

アシ

 

 

手前中央右のグレーのお洋服を着ている方が下田屋寛子さん。その隣が私です。あとは仲間♪(みんな、ざっくりでごめんね!)

 

 

 

◯一般社団法人 ハートレジリエンス協会サイト >>

◯心理セラピスト 下田屋寛子さんサイト >>


こちらも合わせてお読みください



-アロハム ホリスティック ヒーリング サロン-

はんざわ ひさえ (旧姓 みやぎ)

 
【セッションについて】
 
非二元(悟り)と心のしくみを統合させた『インテグレイテッド心理学』をベースに、対話と苦しみを解放するセラピーを組み合わせたセッション『オープン・アウェアネス・ダイアローグ:OAD』をおこなっております。
(インテグレイテッド心理学、オープン・アウェアネス・ダイアローグ、共に溝口あゆかさんが提唱されたものです。)
 
対面の場合、必要に応じて身体の緊張を溶く、ボディワーク(プレゼンスタッチ)も行います。
  
1)オープン・アウェアネス・ダイアローグ:OAD
2)OAD+個人レッスン(セッション+講座形式):SEP
  
各セッションの詳細については メニューページをご覧ください。
  
【アロハムの特徴】
  
・セラピスト歴11年、セッションや講座で携わった方1200名以上。
・心の深部にある苦しみの原因をみつけ、根底からの癒しと心身の変容をご一緒しています。
・ご本人の気持ちを軸にした気づきの対話を通じて、心と身体の統合を深めます。
・クライアント様は30、40、50代の女性を中心に20~60代の方。ご職業も主婦、会社員、専門職~著名人など、あらゆる分野の方にお越しいただいております。
・扱うテーマは『小さなころからの生きづらさ』『家族(親子・夫婦)関係、しがらみ』『自分らしく生きるには』が多いです。ここから派生して、お金、恋愛、健康についても問題が解けた、ということも多々あります。
・約9割の方がリピートをされ、3~10回の継続セッションを選ばれます。
・「気づいたら自然な楽さが増えていた。」というお声をよくいただきます。
  
✧セッション用いるEFTセラピーは世界基準に準じた方法を取り入れています。
(JMET認定 EFTトレーナー)
✧インテグレイテッド心理学基礎講座、EFTプラクティショナー養成講座も
開講しております。(6名様以上で開催。)お気軽にお問合わせください。
  
心の深くにしまわれた声を聴きながら、癒しを進める心身育成プログラムをご用意しています。
  
【保有資格】

●一般社団法人ハートレジリエンス協会認定
OAD心理セラピスト

●英Holistic Healing college 認定
Integrated Counselor
インテグレイティッド カウンセラー

●JMET認定 EFTトレーナー

●Matrix Reimprinting Japan 認定
マトリックス・リインプリンティング プラクティショナー

●レジスタント・フリーダム・セラピーJAPAN認定
プラクティショナー

●溝口あゆか師提唱のインテグレイティッド心理学 基礎講座 講師

  
フェイスブックでのお友達申請をくださるときには、一言いただけると嬉しいです。
 
facebook
BLOG
メールマガジン 

ピックアップ

2014年08月09日
魂が自由になる道

過去の投稿を検索

メタ情報


このページのTOPへ